うつ病の症状が出たときにどう対処したらいいのか:症状をチェック

ページトップへ

うつ病のこと、きちんと理解していますか?
  • うつ病とは

    ストレス社会の現代、多くの人がうつ病に悩まされています。自分でおかしいと気づくときもありますが、中には、うつ病の症状と気付かずに、仕事に励む人がいます。うつ病とはそもそもどういったものなのか簡単に紹介していきます。

    Read more

  • 治療の流れ

    うつ病の症状緩和や治療には、薬の投与が主に行われています。他には、自分の行動をメモに書いて、感情や行動を書いていくという方法もあります。治療法やその治療の流れについて簡単に紹介していきます。

    Read more

  • 痛みとして

    うつ病は精神的な問題ですが、時に症状として痛みを伴います。心と体はつながっているので、痛みとしてうつ病の症状が表に出てくる場合があります。そのうつ病によって起こる痛みとはどういったものなのかを詳しく紹介していきます。

    Read more

  • 上手に付き合う

    うつ病の症状が出る人は、特に仕事で忙しくしている・真面目な人が多くなっています。仕事も勿論大切ですが、しっかりと休養することが、うつ病改善に対して一番の方法です。

    Read more

複雑な病気

うつ病の症状をチェックしてみよう

うつ病とは、日々のストレスが原因と言われている心の病です。心が弱いからストレスにやられる、とは一概には言えません。ストレスは、心にかかる刺激や負担のことを意味していて、多くの人が日常的にそのストレスに触れています。結婚式や葬式・受験や大きな仕事など、いつも起こらない・思いもよらない出来事が、ストレスになっています。人生の転機や嬉しい出来事でさえ、ストレスとして負担になるときがあります。うつ病の症状が出るのは、もしかしたら自分かもしれません。普段から自分なりのストレス発散方法を見つけて実践することが大切です。

近年、増加に見られるの病気です

うつ病は、心が先ではなく、体の病気がのちにうつ病に発展することもあります。糖尿病や脂質異常症といった生活習慣病・ガンや心筋梗塞などの病気の患者は、うつ病を発症しやすくなっています。病気を治療するために行われる薬が、脳の機能に影響して、うつ病を発症させるというのです。心の病気と言われているうつ病は、脳の病気とも言えます。人間の脳を構成しているたくさんの神経伝達物質のセロトニンやノルアドレナリンが減少すると、脳の伝達機能に影響します。そして情報伝達がうまく出来ず、脳内でトラブルが起きてうつ病の症状として現れます。うつ病は、皮膚のケガと違って、とても複雑な病気と言えるでしょう。

うつ病に対して、原因解明が急がれ、研究によって新たな遺伝子が発見されています。発見された遺伝子の中には、うつ病に関する遺伝子もありますが、必ずしもうつ病が遺伝病によるものとは言えません。自身の考え方・価値観・捉え方・生活習慣など様々な要因が考えられるからです。

近年ストレス社会で誰もがなるかもしれないうつ病です。 小さな症状でも気づき早期発見、早期治療に役立てるよう時々チェックしてみる事が必要であり、大事です。 チェック方法としては、元気がない、訳もなくイライラする、落ち込む、作業や動作が遅い、憂鬱な気分になる、自分は必要ない人間だなどと沢山ありますが、当てはまると思われたら専門家の診断をお勧めします。また、周りの方が気づかれた時は診断をお勧めするようお声かけも必要です。 最近は、専門外来や専門のカウンセリングなどもありますので、1人で悩まず、苦しまずカウンセリングを受けてみて早期発見で早期治療ですと悩みも苦しみも少なくてすみます。うつ病は完治する病気です。

ストレス社会の現代、うつ病は益々増加の傾向にあります。 決して1人ではないですので、周りの協力の元、苦しみや悲しみ、悩みを解決、うつ病の治療に向けていきましょう。症状が出て本人が気づかれたり、周りの方々の気づきも大事になってきます。専門家のカウンセリングの指示や薬もありますので、症状に気づきましたら治療してみる事をお勧めします。 何かのきっかけがあり、うつ病になったのだと思いますので話される事により改善していきます。専門家ですと守秘義務がありますので、安心してリラックスしてカウンセリングが受けられます。症状の1つ1つや原因などをゆっくり話される事によって気分が楽になり、これからの人生が楽しく明るくなれると良いです。